量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > 2018古河はなもも

昨日の30km走で距離を踏む練習は終わり。つまり今シーズンの30km走もこれで終わりということだ。よく頑張ったな~。30km走を含む古河までの10週間でやったポイント練習はこんな感じ。といっても昨年末の30km走はいきなり撃沈して19kmになっているが。

12/30 19km 4:28
1/2 30km 4:45
1/7 30km 4:30
1/13 30km 4:35
1/21 10km 4:08 (千葉マリン)
1/28 35km 5:15
2/4 21.1km 4:09 (浦安ハーフ)
2/10 30km 4:22
2/18 30km 5:17

これに対して昨年はこんな感じだった。

12/31 30km 4:42
1/3 27km 5:07
1/8 35km 4:43
1/14 30km 4:42
1/22 21.1km 4:19 (千葉マリン)
1/29 42.2km 4:31 (若潮マラソン)
2/18 30km 4:23
2/19 30km 5:33
2/24 20㎞ 4:20

パッと見はそんなに変わらない。昨年は若潮があったけど、30km走のタイムだけ見ると今年の方が頑張っている。そして距離だが、昨年の10週間と比べるとこんな感じ。注目は平均ペースで実に1分以上遅い。
20180219
今月ここまで208kmなので、残り9日で毎日10km走れるか。うち2日は出張。これやらないと月間300km連続記録が途切れるけど、まあここまでくればそんなのあんまり重要じゃないよね。日曜日は東京マラソンなんで走れないし。

それにしても昨日は30km走れてよかった。例えば10kmで終っていたら、この表だってこんなにきれいにならなかった。単なるルーティンなんだけどもし今回目標を逃したら、やっぱり3週間前の過ごし方が良くなかったって反省になってただろうなあ。

なにしろ故障ぎりぎりのところで距離を踏む作戦なので、そういうちょっとした距離の押上げが重要だと思うんです。もはや信仰に近い。本当はもう100kmくらい踏んでるはずだったんだけど、故障とかいろいろあったのでやむを得ない。

昨日のブログにサブ3を達成したばかりのガンプ君がコメントをくれた。人事は尽くしたんだから天命を待ちましょう、みたいな内容でした。まあそうなんですよね。12月の防府のときは人事は尽くしてたはずなのに天命を待てずいろいろ余計なことをしてしまった。

今回はそうならないよう、平常心であと3週間を過ごしたい。去年の今頃とは疲労感が全然違う。去年は休んでも休んでも疲労は抜けなかった。そりゃあ3週間前をキロ5切って70km走ってれば疲労は溜まるよね、むしろ。



さて、たまちゃんが東京マラソンの応援ポイントをアップしてくれています。距離的には8kmおよび38.5km付近になるかと思います。私も激沈上等のノボリをもってはせ参じる所存。出走される皆さん、頑張って下さい!

本日の走行距離:10.0km
今月の走行距離:208km
本日の最低体重:60.3kg(21時時点)
20170918ブログ村

先週日曜日の30km走以来、もやもやとした体調不良が続いている。いくら休んでもカラダが元気になって来ない。なんなんだろうか、この倦怠感は。先週の日曜日はピークだった。

そこから多少回復したとは言え、昨日は415のハーフマラソンにトライしたが5kmでDNF。右のふくらはぎが痛み始めたからだ。それまでも最初の3kmくらいはとにかく息が苦しい。4kmあたりからやっとカラダが馴染んできたと思った矢先にふくらはぎの違和感。もうなにをやっているのやら。

たぶんカラダがしんどいので上半身がバタバタしてそれが脚に来たってところだろうか。そのあと5kmの疲労抜きジョグをやっとこさやり切って終了。

そして今日。本番まであと2週間。ペースが遅くてもいいから20㎞走をやりたい。走りぬいておかないと、脚の強さが落ちる。走るのを休んでもカラダは復活するだけだが脚は衰えるだけ。休み方にも工夫がいる。

てことで走ってきた。20㎞Mペース+疲労抜きジョグ10km。Mペースといっても今の限界なので、前半こそ4:40前後をウロウロしたが、段々カラダがいうことをきいてきて、後半は430前後で走れた。体は軽かった!
20180224

これ以上のペースアップは無理だったが、先週のことを考えればかなり回復してきている。特に最後の2kmは4:23と4:28。久々の手ごたえ。大腿骨の角度について気が付いたことがあった。なんでこれに気が付かなかったのかって感じなんだけど、詳細はまだ今度(笑)

あと2週間。安静に努めよう(笑)

本日の走行距離:30.0km
今月の走行距離:267.7km
本日の最低体重:58.6kg

Yes! 30km走を終わったあとに計ったら、今シーズン最軽量の58.6kgを記録。そこまでしんどいって意識は無かったけどね~。今の自分にとっては、限界に近い負荷だったということでしょうか。

明日は東京マラソン。東京マラソンみるなら絶対に最初の10km見逃すな!あの大集団がハイスピードで走るダイナミックさはたまらん!!他の大会では絶対に見られないあの質量感は最高です。
オレの注目はなんといってもさえさん。期待してます!
20170918ブログ村
よく理由が分からなかったことの病名や症状名が明らかになるっていうのは、悩んできた家族にとってはホッとする側面もある一方で、その名前ゆえに「普通と違う」と区別されることの始まり。うちの義母はほぼ失明状態だが「網膜色素変性症」と診断された今でも「ちょっと目がよく見えないのよねえ」って本人が説明するだけで、きわめて「普通」に明るく生活している。頭が下がるばかりである。

いや、症状の名前なんかに関係なくみんな「普通」なんである。オレなんかも診断されたら「人格欠損性多情症」って診断されるはずだけど、普通に生活してるんだから。こんなオレを「普通じゃない」ではなく「個性」と認識してくれた周囲の人に感謝。

病み上がりのくせにいきなりカウントダウンかよ!

いやいや。仕事しながらはなもものイメージトレーニングしてたんですよ。早く仕事のキャッチアップしろよって話なんだけど、なんかいま走ったらカラダが軽い気がして。実際、今朝の体重は59.6kg。1週間1㎜も走っていない割には増えてない。

これで走ったら千葉マリン10kmの最初の5kmに感じたみたいに、カラダに羽根が生えたみたいになるんじゃないだろうか。そういえば昨日静岡を走ったニッキーさんも、スタート直後は嘘みたいにカラダが軽かったって言ってた。オレもごくまれにあります。そういうこと。



もしも。

もしも古河はなもものスタート直後のオレにそんなのが降りてきたら。

もちろん歯を食いしばってきっちり415を刻む。




もちろんこれ自体が妄想ですけどね。

でも調子が悪い時には、いくら酔っぱらってもそういうイメージは浮かんでこない。しばらく走っていないが故の潜在意識の暴走かもしれないが。

でも、自分がもし万が一サブ3できる時があるとすれば、その時は粘って粘ってサブ3ではなくて、カラダが軽いのを一生懸命抑えて走ってのことじゃないかと想像している。最近だと昨年の若潮がそんな感じだった。

ただ今日も微妙にカラダにダルさはあって、それが懸念点。つまり実際に走ってみたら全然調子よくないってケース。それを考えると、ガチで走るのは佐倉に取っておいた方がいいかもとか思う。

一方で今週末の古河の天気予報は最高気温10度、風速最大1mという絶好のコンディション。佐倉の天気が荒れるのは例年のこと。だからはなももを逃すわけにはいかない。

はなももは佐倉の2週間前だから、走り始めてみて行けそうだったら行くし、ダメそうだったらハーフで止める手も無いわけではない。でも自分的には計画的DNFとか計画的スローダウンっていうのはあまり好みではない。

なんか「ダイエット中だから」といって瀬里奈のステーキ半分残すおすましさんみたいな気がするのだ。いや、行ったことはないが。ほら、欲しいんだろ!食えよ!って言いたくなる。もし本当に佐倉で勝負するんだったら古河はDNSしてマイコースでハーフ走るのが筋な気がする。

あくまで個人の好みの問題なので、同じプランを実行しようとしている人は気にしないでくださいね。



とかいいながらいまだにノドチンコに変な痛みがあってひいてない。これが、実は体調悪いんではないかと思っている理由。これはギリギリまで悩むな~。

古河の当日はどうやって移動しようかと今日になってようやく考え始めたら、そういえば去年は新幹線で小山まで行って2駅戻ってきたことを思い出した。東京駅から快速だとメチャ混むんだが、新幹線はガラガラなのだ。大人は金で解決する。

乗ったのは東京発6:40のやまびこ。小山まで42分あるので車中で朝飯が食える。トイレも空いている。これで古河の1つ仙台よりの野木に7:37着。ここからバスに乗って会場に向かったら、去年はおっとさんに次いで2番乗りだった。

うん、よし。去年この行き方を選んだお陰で、古河はなももはあらゆる面でオレにとって最高の大会になったんだった。こんな大事なことが去年のレポには書いてない。



そしてここでオレのフルマラソンに対するスタンスを改めて確認。

昨シーズン、いや、下手するとその前のシーズンからサブ3、サブ3って騒いできたんだけど、やっぱり自分の一番大事な目標は「走力の向上」。いや、直前に逃げるわけではないんですよ。何が自分にとって一番うれしいかって考えると、それはPBの更新なんだってこと。

もちろんサブ3というキリのいい記録を出すことも非常に素晴らしいと思う。その一方で、PBの更新っていつまでも終わらない。ちょっとずつ積み上げて少しでも過去の自分を上回るっていうのが、自分には合っている気がする。今さらこんなことを言うと、オレのサブ3チャレンジを陰ながら攻撃してきた人に申し訳ないけど(笑)

今シーズンもコンディションが悪いなりにハーフでは結果を残せている。そして今の練習スタイルならあと1年でも2年でも続けられる手ごたえがある。だったら焦る必要はないじゃないか。

それにしても、サブ3まで後6分ちょっとまで来て、ここからが長いんだなあ。先人たちは3時間1桁記録したら、そこからすぐにサブ3に行ってたんだけどねえ。オレが凡人ってことなんだろうな。

貝原益軒によれば、50代のセックスは20日に1回くらいがいいそうです。養生訓(笑)
20170918ブログ村


古河はなももマラソン。

今回で開催7回目を数える、茨城県が誇る超高速コース。

ていうか、茨城には高速コースしかないが。

そしてこのコースですでに3度PBを更新しているオレ。

あ、いや。2度だったかもしれん。



このコースに立つと祝福されているような気持になれる。

あのなだらかな曲線。

それはまるで魔性の女のようにオレを取り囲む。

魔性なのに、このコースはいつも穏やかだ。

たぶん千葉の館山の次に好きなコースだ。

佐倉なんかよりずっとずっと大好きだ。



ああ。しかし3度目の参加となる今年。

コースの神様はオレに微笑まなかったようだ。

4週間前からの謎の体調不良。

10日前のインフル罹患。

これが最後のダメージとなった。



そう、今日の夜に走ってみたところ、

42kmどころか5kmも全力で走れない。

笑っちゃうくらいに遅い。

大会まであと5日。

到底回復は望めまい。

ということで、最終決定は前日とするが、

スタートしない可能性が濃厚だ。

貝原益軒の言い付けは守ったのに。



でもオレは自分が走っていなくても、

このコースが大好きなので、

当日は応援に駆け付けたい。

そしてアフターも参加したい。

まだ店は確保してないけど、

すーぴー姐さんが「ワタナベを連れてこい」

とおっしゃっている。

昨年の失態をお詫びしなければ。

オレも責任上出席しないわけにはいかない。



当日は多分激沈ノボリを持って、

沿道から声援を送ります。

参加するみなさん、よろしくお願い致します。

アフター参加希望の方もご連絡ください。

連絡、待っとるで!

現時点の参加表明者9名!
20170918ブログ村
あ、これをDNSにするとシーズン最後の勝負が佐倉になるんで、「佐倉よりずっと好き」は取り消しで、「館山の次に好きで佐倉よりちょっと好き」に変更な。

↑このページのトップヘ