サラリーマンが組織内で昇進するための正攻法を説いた最強のビジネス書。ペプシ工場の清掃夫から国務長官にまで上り詰めた伝説の男が教える「13のルール」。

リーダーを目指す人の心得リーダーを目指す人の心得
(2012/09/29)
コリン・パウエル、トニー・コルツ 他

商品詳細を見る





アメリカ合衆国の元国務長官コリン・パウエル氏による人生を生き抜く秘訣集。今年の2月に読んだのだが、思い出しながら書きたい。

なにせ邦題がイマイチである。原題は「It worked for me: In Life and Leadership」、直訳すると「人生とリーダーシップで私に役にたったこと」。「心得」などという上から目線なニュアンスは微塵もない。あくまでも参考までにお話しするよ、というスタンスなのだ。そういうことで、まあ題がこうだから本文も相当なものである。Amazonのレビューでもこの翻訳はこき下ろされている。なので、訳文を読みながら原文を想像して読むということになる。

そんな問題作(笑)であるが、内容自体はさすがは貧しいジャマイカ移民の家庭に育ちながら、米軍トップにまで上りつめ、はては国務長官にまでなった苦労の人の話だけあって、ためになること、改めて自省すること満載である。折角なのでColin Powell's 13 Rulesを原文でご紹介しよう。ついでに火中の栗を拾うつもりで、ALC翻訳大賞応募歴のある私の拙訳も(笑

①It ain't as bad as you think. It will look better in the morning.
あなたの印象ほど物事は悪くない。翌朝にはよりよく見えるはずだ。
②Get mad, then get over it.
怒れ、そして乗り越えろ。
③Avoid having your ego so close to your position that when your position falls, your ego goes with it.
地位を失えば消し飛ぶようなエゴを、あなたの地位と混同してはいけない。
④It can be done!
何だってできるはずだ。
⑤Be careful what you choose. You may get it.
選択は細心に。それが自分に回ってくるかもしれないのだから。
⑥Don't let adverse facts stand in the way of a good decision.
良い決断をするときにネガティブな要素に振り回されるな。
⑦You can't make someone else's choices. You shouldn't let someone else make yours.
他人の代わりに判断はできない。その逆もまた同じ。
⑧Check small things.
小事をあらためよ。
⑨Share credit.
信頼は分かち合え。
⑩Remain calm. Be kind.
落ち着いているべし。親切でいるべし。
⑪Have a vision. Be demanding.
ビジョンを持って、貪欲になれ。
⑫Don't take counsel of your fears or naysayers.
おそれや批判に惑わされるな。
⑬Perpetual optimism is a force multiplier.
永続する楽観主義が力を倍増させる。

おそらくそんなに的は外していないと思う。意味は分かるが日本語にするのが難しかったのが③だ。こういったスローガン的なものはあまり長くできないという制約もある。さすがはALC翻訳大賞応募!! ですから、応募しただけです・・・。

どうでしょうか、この⑧なぞはイラクの大量破壊兵器に関するパウエル氏の国連での発言をもろに指しています。本書の中でもこのことについて氏は「何の言い訳もしない。全ては自分の責任だ」と言い切っていますが、行間に悔しさがにじんでますな。「ああ、ドン(ラムズフェルド)とディック(チェイニー)にだまされた」と(笑

ここで開き直ってワルになれないから大統領にもなれなかった、ともいえるかもしれませんね。まあ本当にいい人はアメリカの大統領なんてできませんがw  

名前はコリンですが、あの星から来たわけではありません(笑 ☆☆☆☆☆。

こちらもポチっとお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村